「クラック処理」とは?


ズバリ「各屋根材へのクラック補修です!

スレート系屋根材や塗装のできる瓦系屋根材など、「クラック補修は外壁だけ」と思われている方も意外と多いと思います。ですが屋根材も塗装前にはクラックの補修をしなければなりません。

専用の補修材にてクラック処理を施し、下塗り+中塗り+上塗りへと仕上げていきます。


特徴としては、
①コロニアルNEOの様なクラックが多発しやすい屋根材は、クラック処理の手間が高額になる可能性もあります。

②パミールのように通常はカバー工法か葺き替えを用いる屋根材に対しても、知識のない業者は「クラック処理をして塗装できます」と言うので注意が必要。