「パミール」とは?


ズバリ「塗装してはいけない屋根材です!
アスベストが禁止になった頃、建材メーカーのニチハから販売されたノンアスベストタイプのスレート瓦です。

この建材は薄い層を何枚も重ねてプレスしただけのスレート瓦の為、経年と共にミルフィーユの様に層と層が剥がれる層間剥離という症状が発生し、ボロボロになっていきます。したがって、パミール本体の剥がれた表層に塗料を塗っても、ボロボロになってしまうので塗装の意味がなくなり、結果無駄な工事になってしまいます。

既存屋根がパミールの場合には、コストを削減するカバー工法での屋根改修工事を推奨しております。


特徴としては、
①新築時は標準のスレート瓦と同じに見える。
②築10年経過しているとどこかしらが層間剥離を起こしている可能性が高い。

③今だに塗装できます!という業者がいるので、要注意!