「モニエル瓦」とは?


ズバリ「下地処理の大変なセメント瓦です!

モニエル瓦(別名:乾式洋瓦)は、スラリー層のあるセメント瓦の事になります。

 オーストラリアのモニエル社と高圧・半乾式成形の技術をクボタが共同開発し、昭和48年頃、日本に技術導入された事から「モニエル瓦」と呼ばれています。 メーカーによっては、クボタ瓦・スカンジア瓦とも呼ばれています。


特徴としては、
①塗替えの際は、表層スラリー層を完全に破壊し、再度スラリー強化プライマーなどを用いらなければならない。
②屋根材の塗り替えとしては、おそらく一番大変な屋根材。

③専用下塗りでないと塗装できない。