「吹き付け塗装」とは?


ズバリ「手間のかかってしまう塗装方法です!
現代での塗装工事は基本的にはローラーにて行われます。ただし外壁のパターンを変えたい時や補修跡を隠したい時、ロラーの後が出てしまう戸袋や雨戸には吹き付けを行う事もあります。また工場など、面積が巨大な場合には吹き付けの方が時短という理由で使用される事もあります。


特徴としては、
①昔は主流として行われていた塗装方法。
②吹き付けが慣れていないスタッフが施工するとムラや凹凸が出る。

③ローラーと違い広範囲に飛散するので、養生が大変。