「打増し(打ち増し)」とは?


ズバリ「既存シールの上に増し打つことです!

こちらは外壁材と外壁材のつなぎ目の隙間ではなく、基本的には窓や玄関、サッシ廻りの部分の工法になります。

サッシ廻りの既存のシーリング材をカッターなどでカットする事も可能ですが、サッシ枠にカッターの擦り傷のようなものが残ってしまったりする点がある為、サッシ廻りに打ち替えは一般的ではありません。またサッシ廻りはサッシ枠の影になる事も多く、つなぎ目の目地よりは劣化速度が遅い点から、打増し(打ち増し)が標準工法とされています。


特徴としては、
ALCなどでは構造の問題から打増しをするケースが多い。

②劣化が著しい箇所がある場合は、部分的に打替えをする事もある。