「抜け防止処置」とは?


ズバリ「各屋根材の専用役物部分の留め具への処置です!

これは現代となってはほぼ当たり前の作業なのですが、今だに処置しない塗装屋さんも多いです。

スレート系屋根材や瓦系屋根材など、屋根塗装工事では屋根材本体だけきちんと塗装すれば良いというわけではありません。一般の方からすると名前がわかりにくい箇所にもなり、スレート屋根だと「ツルツルになっている角のところ」などと言われる事もありますが、総称で役物(やくもの)と呼びます。その部分も新築時はほぼ釘で留まっているので、もちろん何らかの処置が必要になります。ここの処置を塗装だけにしてしまうと内部の木製下地が経年の中で痩せていき釘が効かなくなり、普段の風でテコの原理で少しずつ釘が浮いていき、強風の日に役物の板金が飛んだなどという災害にまでなってしまうからです。


特徴としては、
①世間でいう「屋根が飛んだ」とは、この役物板金が飛んだケースもかなり多いです。

②役物のつなぎ目にコーキングなどをすると尚良いです。