「チョーキング」とは?


ズバリ「一般の方でも出来る塗膜の診断です!
ご存知の方も多いと思いますが、外壁や屋根・付帯部などを触った時、手に白い粉が付着する現象をチョーキング現象と言います。

そんなチョーキングが始まっているとすぐに塗り替えなきゃいけないと思っていませんか?

実はそんなに慌てて塗り替えなきゃいけない状態ではありません!

訪問販売やあまり知識のない方がよく雨漏りしますよ!なんて言いますが、チョーキングが起こっているだけで雨漏りはしません!

チョーキング現象は、「既存の塗膜顔料が劣化し表層に出てきた」という事なので、くだいて言ってしまうと、

「変色や退色が起こっている or 起こる」サインなのです!

確かに塗膜としては劣化し始めている事に間違いはありませんが、雨漏りなんて大事には直結しませんので、

「数年以内に塗り替えしなきゃ」と準備をする合図と思ってください。(色褪せた風貌を楽しみたい方は経過を見るのも良いかもしれません)


特徴としては、
①塗膜の劣化症状の中で一番知られている初期劣化症状。
②知識のない人はすぐチョーキングで脅かそうとする。
③外壁塗装の準備期間開始の合図。