「コロニアルNEO」とは?


「パミールに似た屋根材です!
パミールは層間剥離が起こりますが、このコロニアルNEOはとてつもなく割れやすい屋根材です。

割れと割れが繋がり屋根材全体がボロボロになってしまう為、屋根に登った際パミールと見間違えてしまう程劣化してしまいます。

そしてこちらの屋根材は「塗装できない」という業者さんもいますが、コストをかけクラック処理を施せば塗装は可能です。賃貸物件など長期的に耐久させなくても良い場合などは無理に高額な改修工事・葺き替え工事をするのではなく、「とりあえずとして」塗装工事を検討するのも良いかと思います。


特徴としては、
① 人が歩いただけでヒビ割れが起こる。
② 立地環境などによっては、誰も登った事がないのにボロボロになっている。

③ 劣化が進んでしまっている場合は、クラック処理を全てやると改修工事より高額になってしまう可能性がある。