「クラック(ヘアクラック)」とは?


ズバリ「外壁建材などの割れです!
外壁材や屋根材・付帯部(破風板/軒天など)に発生している割れをクラックと呼びます。
0,3mm以下のものをヘアクラック、0,3mm以上のものをクラックと言い、クラックの下地処理には適した方法で
補修しなければなりません。

また「ヘアクラックの補修をしなくても良い下塗り材」と呼ばれる◯◯フィラー/○◯サーフがありますが、補修をしなければ工事後すぐに再発する可能性が高いです。


特徴としては、
① 工事後に見えなくなるので、手抜きをされやすい工程。
② 適正な下地処理を施さないと塗装後すぐに再発してしまう。
③ 高圧洗浄も下地処理のひとつ。