「直張り工法」とは?


「透湿性の確保されていない設置工法」です!※リスク回避した仕様でも不備が出る可能性は高いです。
近年では当たり前とされる通気工法とは異なり、外壁塗装工事にはリスクの多い直張り工法。ただしこれはお客様のせいではなく、新築時の施工店や職人のせいです。

2000年代前半頃まではこの工法が当たり前とされていましたが、後に塗装工事とは相性が悪い事が確認され、状態によっては塗装業者側が外壁塗装をお断りする事もあります。

 

気工法のサイディングボードは外壁と内壁の間に発生する湿気を通気層を通して外気に逃していますが、直張りの場合にはこの湿気が逃げ場を失いサイディングボードを貫通して外気に逃げようとして、無塗装のサイディングを裏面から腐食させてしまいます。また直張り工法は「透湿防水シートの上に直接サイディングを貼り付けており」、下地の上に貼っている透湿防水シートを釘ごと貫通して下地材へ取り付けています。その為、上記のように外壁裏の湿気は逃げ場を失い外壁材の裏から外壁材を腐食させてしまうという事が非常に起こりやすくなっています。


特徴としては、
① 蓄熱性を抑え透湿性を確保した仕様でないと塗装してはならない。
② 知らずに塗装してしまうと爆裂や膨れのリスクが極めて高い。

③ 建築法として定められている違法建築ではない為、新築時の業者に対して罰則などが与えられない。

​④ 一概には断言できませんが、サイディングより基礎コンクリートの方が出っぱっているてと直張りの可能性が高い。