セキスイU瓦(1970年代〜2007年頃に販売されていた)

いつもリライアブルホームのブログをご覧頂きありがとうございます。


「屋根改修工事の豆知識」では、様々な建材の特徴やよくある劣化症状、どんな工事ができるかどうかなど、「営業マンの言いなりにならない」情報を公開しておりますので、失敗しない工事にする為にお役立てください。


  • セキスイU瓦(1970年代〜2007年頃に販売されていた)積水屋根システム株式会社(旧:セキスイルーフテック)

この瓦は年代によってかなり症状が異なる屋根材です。 なぜかというと、1990年頃までに販売されていたものには10%〜15%前後のアスベストが含有されており、 1990年内にすぐノンアスベストのU瓦が再販売されたのですが、再販売以降のU瓦は割れや雨漏りが非常に多く販売終了になったからです。 一般の方には意外と知られていないのですが、アスベストが含有されている建材(瓦・スレート系含む)はものすごく硬いです。それもアスベストの特徴ではあるのですが、逆にノンアスベストの建材は人間が歩くだけで簡単に割れてしまいます。 そしてアスベストが含有されたスレート系屋根材の上にカバー工法が実施できると言うのも大きな印象の一つでした。 下記写真はまさに、アスベストが含有されたスレート系屋根材の上にノンアスベストタイプのU瓦がカバーしてあるものでした。こういった瓦系の屋根材は、カバー工法は出来兼ねますので、葺き替え工事となります。 下記スレート系屋根材は、撤去してもしなくてもどちらでも作業上は問題ありませ