外壁と一緒に塗装することの多い「外構廻りの注意」


いつもリライアブルホームのブログをご覧頂きありがとうございます。


今回は、外壁塗装と一緒に工事することの多い、「外構廻りの注意事項」について記載させて頂きます。

※本記事で言う外構廻りは、ブロック塀を指します。



以前、施工事例の記事で少しだけご案内した内容ですが、今回はもう少し掘り下げて記載していこうと思います。

ぜひお役立ていただければ幸いです。




そもそも門塀とは、

鉄筋ブロックで出来ています。

年代によっては、鉄筋が入っていない事により崩れやすいものもあったり、強度を出すために外構屋さんがコンクリートを注入してくれる場合もあります。

ただ近年での一般的な門塀は、

鉄筋を骨組みにしてブロックを積む→側面や上面にコンクリートを用いて穴を塞ぐ

鉄筋+ブロックが、最も主流かと思われます。



そして膨れの原因として、やはり「水」「透湿性」が一番大きく影響していると言われています。


また、門塀だけではなく、外壁にも膨れは起こるのですが、

以前私が勤めていた頃に、他社様で塗装した数年後、膨れを見つけたお客様がいたのですが、

膨れた塗膜部分を調査してみたら、

旧塗膜の層内で膨れが起こり、 蜂の巣のようになっていました。 外壁素材がALCや軽量モルタルなど高断熱住宅で、

古い塗膜が弾性スタッコ・弾性リシン・単層弾性といった弾性タイプの場合に、よく発生してしまう事が多いとされています。

そのような外壁材や旧塗膜を診断できないと膨れてしまうお家は急激に増えてしまうので、今後外壁塗装をご検討される方は、改めてご注意ください。 外壁の膨れについては、当ブログ内の「外壁塗装塗装工事で起こる膨れとは?」にて記載させて頂いております。

話を戻して、、、門塀の膨れについてですが、

「門塀と外壁の大きな違い」に皆さんはお気付きでしょうか?


・建材の材質の違い

↑これも間違ってはいませんが、


地面に埋まっている という事です。


外壁には、基礎があり、その上にお家が建ち、室内の壁があって断熱材や透湿防水シートがあって外壁が設置されています。

そして門塀は、特別注文設計していなければ、地面から建っている事がほとんどです。