外壁塗装工事の基本


〜外装リフォーム工事の基本〜外壁塗装編〜




外装リフォーム工事」と言われて一番最初に思いつくのが「外壁塗装」かと思います。

そして世間一般的に外壁塗装という工事の認知度はかなり高いと思います。

ただその外壁塗装もプロだからこそという「ミソ」がいくつかあるんです。




その①

《 外壁材の種類に合わせた塗料や仕様の選定をする 》


現在では数えきれないほどある外壁材ですが、各メーカーが推している外壁はもちろん各々異なります。

お家周辺の環境に合わせた仕上げパターン(模様)や外壁材の色味、雰囲気。。。

柄や色、屋根や付帯部との色の組み合わせまで合わせると本当に数えきれない程の種類がある外壁材です。

そしてそんなお家の見た目を決める外壁材ですが、外壁材に適した仕様 で施工しないと、

せっかく綺麗に生まれ変わったお家も数年後にはボロボロ、、、なんて事も有り得るんです!

新築時からの高耐久仕上げによって、外壁塗装工事の塗料が付着しにくいものや

溶剤系(油性系)を用いた事によって、膨れるリスクや剥離が発生してしまうケースもございます。

「ローラーを転がして塗る」と単純な工事と考えられやすい外壁塗装工事ですが、こういった外壁材の知識も重要になり、塗料との組み合わせ方も外壁塗装を成功させる鍵になります。

また弊社のような外装リフォーム専門店では、塗料の知識はもちろん、外壁材の調査も行いご提案させて頂いております。




その②

《 強い塗料なら安心ではない!むしろリスキー 》


お客様とのお打ち合わせの中でお話しする事もあるのですが、

「油性系の強いやつの方が良いわよね」と言われる事があります。

マジックペンなどでも、水性ペンより油性ペンの方が良いとも考えられますが、

実は建築用塗料の場合、油性系(弱溶剤含む)の方が良いとは言えません!

むしろ油性系の方が膨れなどの様々なリスクが非常に高くなります!

これは以前にメーカーのセミナーなどでも多く取り上げられていたのですが、油性系塗料は近隣の方への悪臭による迷惑、工事中のお家内に篭る悪臭、塗料の性質として油性系塗料の成分は密着力が非常に強いものになっている為、

標準工事などでは水性塗料を推奨するメーカーもいるほどです。

「とにかくどんな外壁にも万能する強い下塗りです!」とお勧めする会社もいますが、強過ぎる万能型の塗料には注意が必要です。

※シンナーや塗料の臭いが苦手な方はお家にいる事で酔ってしまう方もいます。

したがって専門店である弊社は、お客様のお家の外壁材を見極め、どんな塗料でどんなリスクが考えられるか調査し、診断書にて共有させて頂いております。




その③

《 耐久性の鍵は下地処理〜下塗りまで! 》

通常三回塗りが当たり前になった現代では、「三回目が一番大事!」と思う方も少なくありません。

ですが三回塗りの仕上げである三回目をいくら綺麗に仕上げても、外壁材と密着している一回目の塗装が疎かだとそこから剥離が起きる可能性が非常に高くなります。

これは私も実際に経験した事なのですが、外壁塗装後の数年は綺麗