屋根板金工事(葺き替え・カバー工法)の基本


外装リフォーム工事の基本〜屋根板金工事(葺き替え・カバー工法)編〜



Q:屋根板金工事で注意すべき点はありますか?


Aはい。

屋根板金工事では、「新規屋根材と同等の耐久性のあるルーフィング(防水紙)を選ぶ」事が大事です。

スレート系屋根材や瓦系屋根材など、葺き替えやカバー工法など、既存屋根の種類や施工手法も多々ありますが、すべてに同じく言える事は、新規屋根材だけ高耐久でも意味がないという事です。契約が欲しい業者や担当がよく使う手口としては、新たに設置する屋根材だけ高耐久でアピールし、防水シートであるルーフィングを何も説明しない。

このような場合はほとんどが、◯◯カラーという防水紙か、◯ディスというシリーズがほとんどです。こういった防水シートはインターネットやカタログを見れば、耐久性についても記載がありますので、ぜひ精査してみてください。

※屋根改修工事