施工事例 八街市東吉田 外壁塗装・屋根塗装工事


いつもリライアブルホームのブログをご覧頂きありがとうございます。

施工事例を記載させて頂きます。

6月5日に着工〜6月25日に完工となりました、八街市M様邸。

今回は、途中まで他社様にて工事していたのを引き継ぐ形での施工となりました。

(他社様と弊社は業務上及び個人的にも関係はございません。)



〜工事内容〜

外壁塗装工事

② 屋根塗装工事

② 付帯部塗装工事

③ ベランダ床工事



〜建物情報〜

築年数:10年前後

外壁:窯業系サイディング(直張りの可能性あり)

屋根:フルベスト

破風板:窯業系破風板

軒天:ケイ酸カルシウム板(ケイカル板)

水切り板金:金属製

ベランダ床:FRP防水



〜使用塗料〜

・外壁塗料:水谷ペイント ナノコンポジットW 防藻+(NC-40)

・屋根塗料:日本ペイント ファインパーフェクトベスト(ブラック)

・付帯部塗料:日本ペイント ファインパーフェクトトップ(ブラック)

・ベランダ床材:オート化学工業 オートンウレアックスHG(グレー)





①外壁塗装 施工前(前社塗装ムラ/窯業系サイディングボード)

※弊社での工事前に他社様で途中まで工事を行なっていた為、現地調査時に足場があります。



①外壁塗装 施工中(不要箇所のシーリング撤去+外壁浮き部分釘打ち)

直張り工法の可能性が高く、窯業サイディング材本体の反りがみられましたので、透湿性を確保する仕様にて施工致しました。

またシーリングと外壁下塗りまで施工をしていた他社様の施工内容も、あいじゃくり部分をシーリングで塞いでいたり、下塗り塗布量のムラが目立った事もあり、あいじゃくり部分はきちんとカットして隙間の確保・再度下塗り塗装からムラなく弊社にて施工させて頂きました。






②屋根塗装 施工前(フルベスト)

屋根におきましては、フルベストという建材の為、通常のスレート屋根材よりも洗浄に時間を要します。ですが写真の通り、高圧洗浄ムラがあり、下屋根(1階)の足場設置部(ベース)は洗浄がされていませんでした。

フルベスト材はスレート系屋根材の中でもトップの吸水力を持つ建材ですので、きちんと洗浄しないと塗料が浸透せず工事後の経年の早い段階で剥離などの不備につながる可能性があります。







②屋根塗装 施工中(ラジカル系塗料標準3回塗り)

弊社ブログにも記載のあるように、棟板金や隅棟板金の飛散防止処理や釘抜け防止処理を施し、鉄部である板金部には錆止めを使用し仕上げました。






③付帯部塗装 施工前(窯業系破風板/手摺止水処理/軒天/鉄部塗装)

ベランダ手摺下の笠木板金・破風板・軒天・雨樋(縦樋/横樋/マス)・フード・シャッターボックス、エアコン配管カバー・水切り板金を塗装致しました。






③付帯部塗装 施工中(ラジカル系塗料標準3回塗り)

ベランダ手摺下の笠木板金・破風板・軒天・雨樋(縦樋/横樋/マス)・フード・シャッターボックス、エアコン配管カバー・水切り板金を塗装致しました。






④ベランダ床 施工前(FRP)

ベランダ床は下地の傷みなどもなく、経年劣化である色褪せのみがみられました。






④ベランダ床工事 施工(最上位トップコート仕上げ)

経年劣化による色褪せだけの為、プライマー塗装後、トップコートで仕上げました。







〜 完 工 〜


八街市東吉田 M様、この度は弊社リライアブルホームに工事のご依頼を頂き、誠にありがとうございました。

また八街市は船橋市から少し遠方という事もあり、ご配慮頂き、併せて感謝申し上げます。

施工会社を変更した理由などの詳細はお聞きしておりませんが、途中工事までの作業性や仕様材料を見ても、工事後の不備が出るリスクの回避は難しかったと思います。

そして初回の外壁塗装・屋根塗装という事もあり、品質重視の弊社をご信頼頂き大変嬉しく思います。お見積もり提出後も、塗料のグレードや種類にもご興味を持って頂き、ご相談などお打ち合わせした内容がお力になれたようでしたら、尚嬉しく思います。

外壁材としては直張り工法の可能性のある窯業サイディングの設置でしたので、施主様でも気付きやすい反りに対しては抑制処理を施しました。今後は現在以上には反りが発生しにくいと思います。

次回メンテナンス時期がバラバラにならないよう、外壁以外の屋根や付帯部も耐久性の揃う内容でご提案、工事させて頂きました。


改めまして、定期点検含め今後ともよろしくお願い申し上げます。