1年目点検 八街市東吉田 外壁塗装・屋根塗装工事

いつもリライアブルホームのブログをご覧頂きありがとうございます。




八街市東吉田 M様邸

1年目点検を行いましたので、記載させて頂きます。




〜工事内容〜

外壁塗装工事

② 屋根塗装工事

③ 付帯部塗装工事

④ ベランダ床工事

※某大手フランチャイズ店にて施工していましたが、不正が発覚した為、弊社が途中から工事致しました。



〜建物情報〜

築年数:10年前後

外壁:窯業系サイディング(直張りの可能性あり)

屋根:フルベスト

破風板:窯業系破風板

軒天:ケイ酸カルシウム板(ケイカル板)

水切り板金:金属製

ベランダ床:FRP防水



〜使用塗料〜

・外壁塗料:水谷ペイント ナノコンポジットW 防藻+(NC-40)

・屋根塗料:日本ペイント ファインパーフェクトベスト(ブラック)

・付帯部塗料:日本ペイント ファインパーフェクトトップ(ブラック)

・ベランダ床材:オート化学工業 オートンウレアックスHG(グレー)





 ⬇️外壁塗装工事一年目点検 

外壁材としては、工事前の状態から新築時からの経年劣化でもある「反り」がみられましたが、弊社の外壁塗装工事の際に、釘による今後の反り抑制処置を行い塗装工事致しましたので、今回の点検でも進行はしていませんでした。 外壁塗装に使用した塗料は藻の発生を抑制する「ナノコンポジットW 防藻+」という塗料を採用した事により、今回の点検時には藻の繁殖はなく、活膜でした。




 ⬇️付帯部塗装一年目点検  

付帯(軒天・破風板・雨樋・水切り・フード・照明・各種配管)部におきましては、業界でも主流とされているファインパーフェクトトップを使用しての工事でした。

今回の一年目点検では、色褪せやツヤ飛びなどの塗膜異常はなく活膜でした。




 ⬇️シーリング部塗装工事一年目点検 

※シーリング工事は弊社施工ではございません。

こちらは工事前から膨れ・剥離が著しくみられ、施工してもすぐに再発する事を事前にお伝えさせて頂いた上でご承諾頂き、外壁塗装工事と一緒に施工した門塀・車庫廻り部分になります。 原因として考えられるのは、車庫上にあるお庭側のコンクリート床が雨水などを吸水し、コンクリート内部を通って車庫側天井まで流れ、気温の上昇に伴い流れた雨水などが水蒸気となり外気に出れず、塗膜膨れが発生すると考えています。




 ⬇️屋根塗装工事 

屋根塗装におきましては、工事前から大きな損傷は著しい劣化はなく、綺麗な状態でした。

ただし経年劣化は必ずしも発生しているものですので、外壁塗装と同じように下地処理や下塗り材の選定は徹底して塗装を行いました。

一年目点検では、色褪せやツヤ飛びなどもなく活膜でした。




八街市東吉田 M様邸での一年目点検では、不備などもなく綺麗な状態で点検を終える事ができました。

定期点検時はお立ち会い頂きありがとうございました。


次回の3年目点検でお会いできるのを楽しみにしています!

改めまして、今後ともよろしくお願い申し上げます。





八街市東吉田 M様邸

イメージチェンジした外壁塗装・屋根塗装の施工事例は下記からどうぞ!

こちら











船橋市の外壁塗装専門店

リライアブルホーム

Tel:070-8988-0620

Mail:reliable-home2020@outlook.jp