「抜け防止処置」とは


「屋根材の専用役物部分の留め具への処置です!

これは現代となってはほぼ当たり前の作業なのですが、今だに処置しない塗装屋さんも多いです。

スレート系屋根材や瓦系屋根材など、屋根塗装工事では屋根本体だけきちんと塗装すれば良いという訳ではありません。一般の方からすると名前がわかりにくい箇所ではありますが、屋根に付随した建材の総称を役物(やくもの)と呼び、その部分を止めている釘を処置する方法のひとつとして抜け防止処置を行います。

役物廻りの処置を行わず塗装だけにしてしまうと内部の木製下地が経年の中で痩せていき釘が効かなくなり、少し強いだけの風でテコの原理で少しずつ釘が浮いていき、強風の日に役物の板金が飛んだなどという災害にまでなってしまうケースもございます。


特徴としては、
① 世間でいう「屋根が飛んだ」とは、この役物板金が飛んだケースがほとんどです。

② 役物のつなぎ目にもコーキングなどをすると尚良いです。