「弱溶剤塗料」とは?


「専用うすめ液で混ぜる溶剤系塗料」です!
近年では主に付帯部(窯業系破風板・雨樋・霧除け・出窓天板・エアコン配管カバーなど)の塗装で弱溶剤塗料が用いられ、強溶剤を改良された塗料になります。(一言でいうと水性塗料と強溶剤塗料の間に位置する塗料です)

特徴としては、
① 水性より悪臭がする。
② 昔の油性塗料よりかは悪臭が抑えられている。
​③ 水性塗料と比べると蓄熱性が高い。