「通気工法」とは?


ズバリ「安全な設置工法です!
こちらはサイディングやALCなどの様に貼るタイプの外壁材に関わる事なので、モルタル壁やリシン壁には無関係となります。主に外壁材の裏に通気層があるのが通気工法と呼ばれ、透湿防水シートと外壁材の間に通気層という隙間をわざと設け、外壁裏の湿気などを外へ逃す効果があります。この通気工法が施されていないと、外壁表層へ湿気が多く発生し

汚れや傷みの原因にもなりかねます。また湿気などが多く発生しやすい箇所は浴室窓の外側です。


特徴としては、
①一見通気工法でも、胴縁の設置位置に問題があると不備などが出やすくなる。
②サイディングなどの調査では必ず確認しなければいけない事項。

③通気工法だと、塗装工事で選べる塗料グレードや仕様の範囲が広がる。