「ブリード現象」とは?


ズバリ「シーリング材の油分による不備です!

ブリード現象は、シーリング材の油分が塗膜や外壁建材へ移行し、ベタベタしてくる症状のことです。またその症状を放置するとベタベタした部分に砂埃などが付着してしまい、シーリング幅の3倍以上の幅で黒く汚れた部分が出来てしまいます。そのブリード現象によって黒く汚れた部分に上から塗装する事は出来ず、専用の下塗りプライマーを塗布しなければなりません。

先打ちや後打ち、シリコン系や変成シリコン系など、様々な種類がありますが、これは代表的なシーリングの不備の一つにもなり、ブリード現象の起きないシリーズを選ばないとブリード現象が発生するリスクが高くなります。


特徴としては、
①現代では主流となっているノンブリードタイプを選べば完全ではないが、かなりの確率でリスク回避できる。

②築年数が古くメンテナンスしていないお家でよく見かける。