「水切り」とは?


ズバリ「基礎コンクリートと外壁材の間にある板金です!

サイディングやALCの外壁材にほとんど設置されている板金建材です。ハウスメーカーなどだとアルミ製の場合もあります。お家の方が自転車などをぶつけて凹ませてしまいやすい部分にもなります。

通気工法を見分ける際にも使用する水切りですが、そのほとんどは外壁材の裏に風を送り込む為に設けられています。

一概にそれだけとは言えないのですが、外壁裏で数十cm立ち上がっている為、風を侵入させる入口の役目があります。

他の付帯部板金と同じ様に、ガルバリウム鋼板などの板金製が多い為、凹みやすいですが、塗装は必要な箇所になります。

特徴としては、
①板金本体は薄く
凹みやすいですが、割れには強い。

②板金なので、外壁などと比べると色が褪せやすい。