「硬化不良」とは?


ズバリ「シーリング材の乾燥不足による不備です!

硬化不良は、一見乾いている様に見えて、実は内部まで完全に乾いていない状態です。

後打ちの場合には、わざとコーキングをえぐったりしなければ自然に乾いてくれるのですが、先打ちの硬化不良は補修に少し手間がかかります。
シール用の下塗りプライマーを塗布し、いざシール注入。その後、指定の乾燥時間も経過し乾いている様に見えたので

外壁様下塗り+中塗り+上塗りと進めます。

工事後に目地シール部分を強く押すなどの事はほぼないと思いますが、気付いたら暴風雨でなくなり雨が侵入していた。なんて事も起こり得ます。

特徴としては、
①サイディングなどの比較的薄い建材より、ALCやパワーボードなどの厚みのある建材に施工する際に起こりやすい。

②乾燥時間だけを信用し過ぎるあまり、作業スタッフが触診せず進めてしまうとリスクも上がる。