「窯業系破風板(ようぎょうけいはふいた)」とは?


ズバリ「屋根側面や横樋金具が設置されている部分です!

お気付きの方もいるかもしれませんが、窯業系破風板は窯業系サイディングと材質的には同等です。​

したがって塗装必要箇所になり、塗装しなかったりメンテナンスを放置してしまうと、色の変退色や割れの原因などにもなり得ます。

ケイカル板同様、日本瓦のお家や以前まではベニヤ板が多く採用されていましたが、現在では窯業系破風板が多く採用される様になりました。

特徴としては、
①外壁同様、状態に合わせた適する下地処理や塗料の組み合わせをしないと不備が出る事が多い。

②外壁と同じ下塗り材はあまり耐久性が発揮されない。