「貫板(ぬきいた)」とは?

 

ズバリ「棟・隅棟板金用下地材です!※カバー工法でも葺き替えでも必要になります。

こちらも棟や隅棟と同じく、屋根の形によっては箇所や本数は異なり、20mや30mと長さのある場合もあります。

また抜け防止処置を行う理由として、経年劣化により貫板に釘が効かなくなってくるからです!

特徴としては、
①訪問販売や屋根の知識がない業者はだいたい「貫
板が〇〇で危険」などと大騒ぎして脅してきます。

②通常のスレート瓦の棟板金は釘のみで設置されている為、強風に弱く経年の中で貫板ごと飛ばされてしまう可能性も高い。

③弊社エリアでは一社ぐらいしか実施していませんが、リライアブルホームでは貫板を腐らない樹脂へ変更して施工しております。※下部写真参照(中央にビスで止めている黒いもの)

o4ded9b65e4aa73fb72e939823b871e94_594080