「隅棟板金」とは?

 

ズバリ「屋根の角度に沿って設置されている棟板金です!

棟板金同様、屋根の形によっては、一箇所や一本ではなく、20mや30mと長さのある場合もあります。

また抜け防止処置を行うのは棟・隅棟・ケラバ・壁際雨押さえ・流用水切り、全ての板金(同質役物)部分になります。

お客様からしたら同じ材料に見えるかもしれませんが、屋根の勾配(角度)に沿って設置されている板金(役物)と

水平に設置されている板金(役物)は呼び名が異なります。

特徴としては、
①下記写真の下に向かってふた手に分かれている二本を隅棟と呼ぶ

②通常のスレート瓦の棟板金は釘のみで設置されている為、強風に弱く経年の中で飛ばされてしまう可能性も高い。

③商材や業者によっては、棟板金項目に隅棟板金も含むとなっている事もある。(屋根材によっては隅棟板金という項目そのものがない場合もある)

o4ded9b65e4aa73fb72e939823b871e94_594080